Film Astier de Villatte

©House of Trim

 

「アスティエ・ド・ヴィラット」と聞いて何を思い浮かべるでしょう?

純白の釉薬に輝く陶器、世界中の都市や場所の名を冠したキャンドルやインセンス、繰り返されるタイル模様の上に色遊びをした様なノート類。どれが欠けてもアスティエ・ド・ヴィラットと呼ぶことが難しい程、それぞれのクリエイションがブランド固有の濃厚な世界を表現し、このブランドに様々な表情を与えています。

ブノワ・アスティエ・ド・ヴィラットとイヴァン・ペリコーリが1996年に創設したアスティエ・ド・ヴィラット。過去数多くの作品を発表し、創業から18年が経った今では、世界中にファンがいるブランドへと成長を遂げました。ルーブル美術館の傍、サントノーレ通りにある小さなブティック。18世紀の頃、王室御用達の金細工師が店としていたこの場所は、今ではフランスだけではなく世界中の人々が訪れ、人の波が途切れることがありません。

著名となった今でも、まだまだ多くの謎を秘めたブランドでもあります。
アトリエでの制作はどのように進められているか?香料はどのようにして制作されているのか?活版印刷で仕上げられたノート類は何処で印刷されているのか?

アメリカのフィルム制作会社North Sea AirのAmy LipkinとGraeme Macleanが制作したこのフィルムには、それらの答えが詰まっています。 まるで絵本のページを捲るかの様に、私たちはアスティエ・ド・ヴィラットの美しい万華鏡の様な世界を覗き見ることが出来ます。

フィルムの中で、イヴァンが語っています。
「僕達はクリエイションに関して、効率的に進めたいとは思っていないのです。 僕たちはただ美しい物を創り上げたいと思っています。 僕たち自身が誇りに思えるようなものを。」

アスティエ・ド・ヴィラットの舞台裏をどうぞお楽しみください。

 

What comes to mind when you hear Astier de Villatte?

Pure milky glazed ceramics. Candles and incenses that bear the name of cities and places from around the world. Playful notebooks in a colorful, tile pattern. By now, it is hard to define Astier de Villatte if even one of these creation was missing. As each piece represents the brand’s rich and various creative expressions to communicate to us the unique universe of Astier de Villatte.

Benoit Astier de Villatte and Ivan Pericoli founded Astier de Villatte in 1996. Within the brand’s eighteen years of experience and range of works, it has grown to be adorned across the world. Astier de Villate runs a small boutique on Rue Saint-Honoré near the Louve, whose location was used as a store by Napoleon’s goldsmith in the 18th century. It’s not only France, but the fans from around the world make a visit to the Astier de Villatte boutique.

However, despite its fame, the brand still hides many secrets. What is production like at their atelier? How is the fragrance made? Where are the notebooks print and bound?

Amy Lipkin and Graeme Maclean from the American production company North Sea Air produced a film that provides answers to such questions. Like turning the page of a picture book, we can see the beautiful kaleidoscopic world of Astier de Villatte.

As Ivan says, “We don’t try to be rational in the production. Our goal is to do beautiful things. Things we are proud of.”

Please enjoy a behind the scenes look of Astier de Villatte.