Tsé&Tsé associées

ツェツェ・アソシエ

デザイナーのカトリーヌ・レヴィとシゴレーヌ・プレボワは1984年にパリの国立工芸学院で出会い、意気投合して一緒に制作活動をはじめ、1992年に「ツェツェ・アソシエ」社を設立。キューブ状の和紙を重ねたガーランドのような「キューブライト」、「のどカラカラのグラス」など、数々のユニークな商品を生み出し、パリを中心に世界で一躍人気のクリエイターになりました。

Tsé&Tsé associées(ツェツェ・アソシエ)のクリエイションは、デザイナーの2人がパリで日常的に出会うさまざまな素材から膨らませた想像、ヨーロッパ各地やアフリカ、とりわけ日本やインド、トルコなどの旅先で得たインスピレーション、そして、そこで見つけた「宝物」から発想されたユニークなものばかり。
デビュー作であり代表作の21本の試験管が連なる「Vase d’avril 」(四月の花器)は、発売と同時に世界中で人気を博し、パリのポンピドゥー・センターの永久定番コレクションとなり、現在でもクリエイティブな新鮮さを失いません。近年では空間プロデュースも手掛け、数々のヒット作を生み出した今も尚、その想像力は留まることなく、私たちのインテリアへの好奇心を刺激し続けています。

 

▶︎ONLINE STORE